すべてのニュース

Coop EstoniaがCleveronの食料品ロボットを配備

06.05.2020 | Cleveron, Cleveron 501

Coop Estoniaは、エストニアの首都タリンにCleveron 501食料品ロボットを配備します。

Coopは、エストニアで初めてCleveron 501食料品ロボットを導入した食料品店チェーンです。動きの速い消費財や冷凍食品を保管できる食料品のロボットは、Laagri Maksimarketのタリン郊外でテストされています。3か月のテスト期間が成功した後、両社はさらなる協力について話し合いを行います。Cleveron 501は、Coopのオンラインショッパーに対して高速で便利なサービスを提供します。顧客は都合の良いピックアップ時間を選択し、注文の準備ができ次第、ピックアップコードを受け取ります。顧客が食料品ロボットに到着したら、コードを入力して数秒で商品を受け取ります。

Cleveron 501は世界中のいくつかの食料品店で使用されていますが、エストニアに設置されるのはCoopが初です。CleveronのCEOであるArno Kütt氏は、このパートナーシップは現在の状況にもかかわらず記録的な速さでスタートしたと述べています。通常、交渉は数ヶ月に及ぶこともありますが、このプロジェクトは2週間でスタートしました。「2つの大企業が迅速かつ柔軟にソリューションを見つけることができるという非常にポジティブな例です」とKütt氏は付け加えています。

Coop EstoniaのEコマースマネージャーのMait Mäesalu氏によると、食料品ロボットには多くの利点があります。「容量は通常の食料品ロッカーに比べて2倍の大きさであり、積み込みプロセスははるかに高速です」とMäesalu氏は述べています。

Cleveron 501は、さまざな場所でカーブサイドの食料品の受け取りを可能にしてくれる、ロボット式のユニークなクリック&コレクトのソリューションです。この食料品ロボットは、野菜や牛乳などの生鮮食品だけでなく、アイスクリームなどの冷凍品も保管できます。Cleveron 501は設置の容易さのおかげで、都市部や交差点などの消費者にとってアクセスしやすい場所に配置できます。これは、迅速で便利なピックアップ・オプションを提供し、食料品店を顧客に近づけます。

Cleveronは、小売および物流業界向けの革新的なラストワンマイルソリューションを開発しています。現在の移動制限への対応として、Cleveronは最近、 Cleveron 351という名前の中小企業向けの設置が簡単な屋外パーセルロッカーを発売しました 。この新しいAPMにより、小規模な企業には、実店舗が閉店している場合でも商品の配送を続けるチャンスが提供されています。Cleveron 351にはさまざまな使用例があります。たとえば、オンラインで注文した美容製品、電子機器、建築設備の配送だけでなく、鍵、書類、レンタル品の受け渡しにも使用することができます。

最近の記事

まずはお問い合わせください

ROI、ソフトウェア、テクニカルサポート、試験運用の手順、その他のトピックに関する追加情報については、どうぞお問い合わせください。

  • 小売
  • 物流 / 郵便
  • 不動産
  • 販売代理店
  • エージェント
  • その他

詳しい情報については、電話またはメールにてお問い合わせください。

Reio Orasmäe
セールスパートナーシップマネージャー

メールアドレス : [email protected]
電話 : (+372) 609 1671